2016年11月29日火曜日

写真のまち八戸「まちなかで昔の八戸を探そう」カメラワークショップ開催!

最近はとても寒いですね!
そんな寒さのせまる1127日(日)に、
写真のまち八戸を盛り上げるためのワークショップ、
「まちなかで昔の八戸を探そう!」を開催しました。
講師は、写真家で、東京藝術大学教授の佐藤時啓先生です。

▼まずは佐藤先生からのレクチャーを受けます

印象的な日蝕の写真や、長時間露光を利用した佐藤先生の写真を見ながら、
写真が写しだすイメージのこと、また、
写真には時代の記録といった側面があることをお話していただきました。

今回は、その時代の記録という点に焦点を当て、
昭和の八戸市中心街の写真を見ながら、
まち歩きと撮影をします。

▼昔の八戸を探しに、街中へレッツゴー!

昔の写真と見比べつつ、同じ場所で撮影をします。
すると、時の流れによる変化が浮き彫りになります。
たとえば、店舗がガラリと変わった長横町の様子。
しかし、その中でも、そのまま残っているものがちらほら発見できました。
ビルや店舗、景色、地面のタイル、生垣のチェーン。
昔の写真と見比べて、
「あ!ここ、今も同じだ!」と発見すると、
なんだか嬉しくなります。
参加者も大盛り上がり。

▼写真に写っているものと同じ建物を発見!

また、そのまま残っていなくても、痕跡が残っている場所もありました。
長根運動公園の体育館裏手の高台に、かつてあった「八戸遊園地」。
現在、遊園地の遊具は全くありませんが、なんと!
コーヒーカップやブランコを偲ばせる丸い跡が残っているのです!

参加者たちの記憶や思い出も、重要な鍵となりました。
古い市庁前の写真に写りこんだ八戸小学校の建物。
かつて通っていた参加者は、当時の記憶が甦り、話に花が咲きます。
街歩きをしていると、
「ああ、そういえば!そこにあの店があった!」と
思い出すことがしばしばありました。

街歩き後には、撮影した写真と、昔の写真を見比べながら、
気付いたことを指摘しあいました。

普段何気なく通り過ぎている街や景色ですが、
そこには地層のように積み重なった時間の流れや、
様々な出来事、多くの人々の思い出が染みこんでいました。
今回のワークショップでは、写真・カメラというツールを通して、
そのことに気付かされました。


(スタッフS)

2016年9月13日火曜日

企画展《赤城修司+黒田喜夫―種差デコンタ》レポート

久しぶりのブログ更新です。
アートイズのレポートは只今作成中ですので、しばしお待ちください……


今回は、
市民アートサポートICANOF 14回企画展

《赤城修司+黒田喜夫 ―種差デコンタ》
をご紹介します。


これまでも、ICANOF(イカノフ)と八戸市美術館の共催で、
毎年様々な企画展を開催してきました。

14回となる今回は、福島市で汚染土仮置場を写真に収め、
発信している赤城修司さんの展示です。

地面の表面を削り取るように除かれた汚染土。
しかしその汚染土を処理したり保管したりする場所はありません。
したがって、取り除かれた汚染土は、
家の庭や軒先、駅のホームに“仮置き”されています。

福島市に住む赤城さんは、それら“仮置場”を中心に、
3.11の事故によって引き起こされた問題を浮き彫りにします。

展覧会初日には、美術館展示室にて、トークイベントを開催しました。
写真を見せながら、事故後の福島を語る赤城さん。



また、椹木野衣さんにもトークをしていただきました。
最後はグランギニョル未来のメンバー、鵜飼哲さん、本展キュレーターの豊島重之さんも加わり、
「カリオキバ」について語りました。
 
 
展示室には、赤城さんのSNSでのつぶやきが貼られています。
 
 
また、印象的な写真が貼られたブースも。
 
 
映像の展示もあります。
 
 
難しい福島の問題に切り込む、大変刺激的な展示となりました。

(スタッフS)



市民アートサポートICANOF 14回企画展
《赤城修司+黒田喜夫 ―種差デコンタ》
826日(金)~911日(日) 9:0017:00(最終入場1600
会場:八戸市美術館 全館展示室
入場料:無料

2016年8月7日日曜日

写真展好評開催中!

今日はとても暑いですね……。
美術館の中は冷房が効いていますので、涼しいですよ☆

現在開催中の

―フジフイルム・フォトコレクションによる―
日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉

有名な写真家の作品を、古いものから新しいものまで、
一度に見られるということで、たいへん好評をいただいています。

先日のトークショーで、本展覧会監修者の山崎信先生が、
「是非この展覧会で皆さんの“私の1枚”を探して欲しい」
と仰っていました。
ずらりと並んだ様々な作品の中から、
ご自分のお気に入りを探すように、
鑑賞を楽しんでみるのもいいですね。

また、展覧会図録も好評発売中です。
今回展示される作品が全て掲載されているので、
お友達やご家族と一緒にあーだこーだ言いつつ見るのも
いいかもしれません。
(スタッフS)

―フジフイルム・フォトコレクションによる―
日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉
~8月21日(日) 9:00~17:00(最終入場16:30)
会場:八戸市美術館 全館展示室
入場料:一般500(250)円、高校・大学生300(150)円、小・中学生100(50)円
     ※市内の小中学生無料
     ※( )内は20名以上の団体料金
     ※市内在住の65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方半額

2016年8月5日金曜日

創作講座「ミニチュア草原に木を植えよう♪~ジオラマ作り~」

三社大祭が終わりましたね。
私Sも、山車を引っ張って参りました!

さて、今回は7月24日(日)に開催した創作講座の様子をお伝えします。
その名も「ミニチュア草原に木を植えよう♪~ジオラマ作り~」。
講師は、ワイヤーアートでご活躍中の三浦きよ美先生です。

▼夏休み中ということもあり、たくさんの方が参加してくださいました。

講座の内容は、ワイヤーとフェイクグリーンを使って、
ミニチュア草原を作るというもの。

▼ワイヤーをネジネジして、木の幹を作ります。

▼幹に葉っぱをつけて、土台に接着!

さらに、土台に草や木をくっつけて、
最後にお気に入りのフィギュアを並べると……

とっても楽しい草原のジオラマになりました!
フィギュアたちもなんだか嬉しそうです。

最後に、自分たちが作った作品を持って、はい、チーズ!
素敵な夏休みの思い出になりました。

(スタッフS)

2016年8月1日月曜日

「日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」


写真のまち八戸特別展が開催中です!
その名も、

―フジフイルム・フォトコレクションによる―
日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉


著名な写真家たちの作品がずらりと並んでいます。
世界を相手に勝負できるプロの作品は、やはりパワーが溢れています。

初日には、本展監修者の山崎信先生によるギャラリートークを開催しました。

▼講師の山崎先生
 



皆様のご来場をお待ちしております♪
(スタッフS

―フジフイルム・フォトコレクションによる―
日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉

716日(土)~821日(日) 9:0017:00(最終入場1630
会場:八戸市美術館 全館展示室
入場料:一般500(250)円、高校・大学生300(150)円、小・中学生100(50)
※市内の小中学生無料。※()内は20名以上の団体料金。
※市内在住の65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方半額。

2016年7月9日土曜日

「私の1枚」とっておきの写真展示 開催!


「私の1枚」とっておきの写真展示が始まりました!

先月、皆様から募集をしておりました「〈私の1枚〉とっておきの写真」、

な、なんと、

全部で118枚もの写真をご応募いただきました!


ご応募いただいた写真は、
八戸市美術館1階ロビーと、
三日町カネイリギャラリーにて展示しております。

この公募写真展は、特別展
―フジフイルム・フォトコレクションによる―
日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉

に合わせて企画したもので、
ご自身の選ぶ「私の1枚」を、
エピソードと共にご応募いただきました。

心が揺さぶられた瞬間、

記憶に残った風景……

とっておきの写真を、

エピソードと共にご紹介します。

そこから垣間見える人生や、

キラキラした気持ちを、

感じていただけますと幸いです。
 

(スタッフS

写真のまち八戸
公募写真展「〈私の1枚〉とっておきの写真」
79日(土)~828日(日) 9:0017:00
 7/11、19、25、8/8、12、15、22は、休みです。
会場:八戸市美術館1階ロビー、三日町カネイリギャラリー(旧てより)
 ※三日町カネイリギャラリーは、
  さくら野と街カフェみなとの間。
  みな実珈琲店の向かいにあります。
入場無料