2017年2月18日土曜日

新美術館シンポジウム&教育版画展「虹の上をとぶ船」

こんにちは!
いよいよ、八戸ではえんぶりが始まりましたね。

先日お知らせした「八戸市の新しい美術館を考えるシンポジウム」が、
1月29日(日)に開催されました。

シンポジウムでは、美術館のスペシャリストの方々にそれぞれの経験をふまえたお話をしていただきました。


また、現在開催中の特別展 教育版画展「虹の上をとぶ船」。

オープン初日には、テープカットを開催しました。

中学校教師として作品の指導にあたり、一連の作品をご寄贈いただいた坂本小九郎先生もお招きしました。
坂本先生は、当時を思い出しながら、作品について熱心に語ってくださいました。
 


さらに、2月11日(土)には、柾谷伸夫さんによる朗読会を開催しました。
満員となった会場が、柾谷ボイスによって物語の世界へと誘われていきます。

坂本小九郎先生が鮫中学校で教員をされていた時、ちょうど柾谷さんは鮫中学校の生徒だったそうです。


朗読会の後は、スペシャルゲストの坂本小九郎先生にお話していただきました。


現・八戸市美術館の最後の特別展です。
この機会をお見逃しなく!

(スタッフS)

+++
教育版画展「虹の上をとぶ船」
2017年2月4日(土)~3月20日(月) 9:00~17:00(最終入場16:30)
会場: 八戸市美術館 全館展示室
入場料: 一般150(80)円、高校・大学生100(50)円、小・中学生50(30)円
※市内の小・中学生無料。
※()内は20名以上の団体料金。
※市内在住の65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方半額。

2017年1月24日火曜日

市民ギャラリー「’17 むさ美OB展」

1月20日(金)~22日(日)に、市民ギャラリーにて「'17 むさ美OB展」が開催されました。

武蔵野美術大学を卒業した方々の作品が並び、多くの来場者がありました。


昨年開催した「八戸市美術館開館30周年記念展」に出品していただいた、月舘久子さんと坂本智史さんの作品も展示されていました。
また、画家にして八戸市美術館常連客である久木田恭介さんの作品も。

▼久木田恭介《奉納「翁」》


▼自作の前にたたずむ久木田氏


堅実なデッサン力と、人生をかけて制作する真剣さを大切にして、描いているそうです。
久木田さんは、インドを周遊したこともあるそうで、どこか僧侶や仙人のような雰囲気がありました。

(スタッフS)

'17 むさ美OB展
2017/01/20(金)~22(日)
八戸市美術館2階展示室

2017年1月20日金曜日

「八戸市の新しい美術館を考えるシンポジウム」のお知らせ

ご存知のとおり八戸市美術館は、新美術館建設のため平成29年4月から閉館を予定しています。
現在、運営などのソフト、建築や設備のハードの両面から、新美術館建設に向けて検討を重ねています。
1月9日(月)には、運営検討委員会が開催され、日比野克彦 会長、坂本禎智 副会長をはじめとする委員の方々が集まり、新美術館についての話し合いが行われました。
また、建築についても、その選定のスケジュールが進められています。

※委員会や選定の詳細については八戸市のホームページをご覧ください。

そのような中、このたび1月29日(日)に、新美術館建設に向けたシンポジウムを開催する運びとなりました。


八戸市の新しい美術館がどんなものになるのか、楽しみですよね!
ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

(スタッフS)

2017年1月17日火曜日

「中学生写真日記」授賞式開催!

1月15日(日)に、写真のまち八戸「中学生写真日記〈私のこの1枚〉」の授賞式を開催しました!

▼この日は朝に雪が降り、一面真っ白でした。写真は雪かき後の美術館。


▼授賞式のはじめに小林市長からご挨拶がありました。

 

▼大賞1名と優秀賞2名には、市長から賞品と記念品が贈られました。


また、審査員特別賞の6名にも、それぞれの審査員から記念品が渡されました。

▼審査員からは選んだ作品についてコメントをしていただきました。


▼伝法守審査員からの激励を受けた。


▼大賞に選ばれた秋山あぐりさんと、作品「POPCORN SMILE(弾ける笑顔)」

作品同様に、ステキな笑顔を見せてもらいました!

2年前から始まった「写真のまち八戸」。
これからも写真で少しでも幸せになれるよう、盛り上げていきたいですね♪
(スタッフS)

↓関連記事はこちら!↓
「中学生写真日記」青春の1ページを目撃せよ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

▼「写真のまち八戸」では、他にもこんな企画が♪
・特別展「日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」
  関連ページ①〈「日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」 〉
  関連ページ②〈写真展好評開催中!〉

・公募写真展「私の1枚」とっておきの写真
  関連ページ①〈「私の1枚」とっておきの写真大募集!〉
  関連ページ②〈「私の1枚」とっておきの写真展示 開催!〉

・写真のまち八戸「まちなかで昔の八戸を探そう」カメラワークショップ
  関連ページ〈写真のまち八戸「まちなかで昔の八戸を探そう」カメラワークショップ開催!〉

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年1月11日水曜日

「中学生写真日記」青春の1ページを目撃せよ!

現在、八戸市美術館では、写真のまち八戸「中学生写真日記〈私のこの1枚〉」を開催中です。


八戸市の中学生たちが作った、絵日記ならぬ「写真日記」が並んでいます!
写真と共に、その写真にまつわるエピソードや、撮影の工夫について、思い思いにつづっています。
今回は、コンテスト形式として実施。
1月6日(金)に、審査会が開かれ、大賞1名、優秀賞2名、特別賞6名が選ばれました。

▼審査会の様子



みごと賞に選ばれたのは、次の9名です。

【大賞】
 秋山あぐり「POPCORN SMILE(弾ける笑顔)」(大館中学校2年)

【優秀賞】
 赤平美紗葵「海」(東中学校2年)
 小松遥奈「無題」(白銀南中学校2年)

【審査員特別賞】
〈掛端秀彦 選〉
  髙山美波「冷やしスイカ」(中沢中学校2年)
〈佐藤義弘 選〉
  中村里彩「無題」(白銀南中学校2年)
 〈伝法守 選〉
  上野愛菜花「廊下」(大館中学校1年)
〈蜂屋雄士 選〉
  田中海「きりがかった八戸の港」(東中学校2年)
〈本田幸枝 選〉
  松村奏花「夏の思い出」(南浜中学校1年)
〈米内安芸 選〉
  工藤舞子「庭の植物たち」


 最終日の1月15日(日)10時には、授賞式を開催!
受賞者には八戸市長から賞状が授与され、さらに賞品も渡されます。

受賞作品に限らず、どれも、中学生の感性が感じられるよい作品です。
多くの人に自分の作品を見てもらうことは、中学生たちの創作活動への応援にもなりますので、ぜひご覧になって下さい!

(スタッフS)

写真のまち八戸「中学生写真日記〈私のこの1枚〉」1月7日(土)~1月15日(日) 9:00~17:00
会場:八戸市美術館2階展示室
入館料:無料
休館日:1/10(火)
授賞式:1/15(日)10時~ 八戸市美術館2階展示室

★授賞式の様子はこちらから!

★「八戸経済新聞」でも紹介して頂きました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

▼「写真のまち八戸」では、他にもこんな企画が♪

・特別展「日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」
  関連ページ①〈「日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」 〉
  関連ページ②〈写真展好評開催中!〉

・公募写真展「私の1枚」とっておきの写真
  関連ページ①〈「私の1枚」とっておきの写真大募集!〉
  関連ページ②〈「私の1枚」とっておきの写真展示 開催!〉

・写真のまち八戸「まちなかで昔の八戸を探そう」カメラワークショップ
  関連ページ〈写真のまち八戸「まちなかで昔の八戸を探そう」カメラワークショップ開催!〉

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2016年12月27日火曜日

必見!「八戸の戦後画壇」―コレクションずらり

現在、八戸市美術館では、コレクション展Ⅱ「八戸の戦後画壇」を開催中です。



この展覧会では、八戸市で活躍した洋画家たちを紹介しています。
前期と後期で展示替えがあり、現在は後期の展示です。
二科会など、全国規模の公募展に出品された作品もご覧いただけます。

特に、岩舘千松(1916-1989)の作品は必見です。
岩舘の作品には、東北の民話や祭り、信仰をテーマにしたものが多く、
あえて西洋の油彩画で、日本の民俗を描くことに挑戦しています。
表現にも工夫が見られ、たとえば《石仏》では、絵の具に胡粉や砂を混ぜて、
ざらざらとした画面の質感を出すなど、一風変わった表現を試みています。
そんな岩舘の作品には、良い意味での東北の“泥臭さ”が表れているようです。

八戸市美術館は、来年度以降閉館予定です。
新美術館が建設されて開館を迎えるまで、しばらく作品をご覧いただけなくなります。
この機会をお見逃しなく!

(スタッフS)


コレクション展Ⅱ「八戸の戦後画壇」
11月19日(土)~1月29日(日) 9:00~17:00
会場:八戸市美術館1階展示室
入館料:一般150円、高校・大学生100円、小・中学生50円
休館日:12/29~1/3、10、16、23

2016年12月22日木曜日

〈ネガとポジ!?ピンホールカメラで写真を撮ろう♪〉創作教室アートイズ×美術館③

こんにちは!
もう2016年も終わりですね。
皆さんの2016年はどんな1年でしたか?

さて、大変長らくお待たせしましたが、
「創作教室アートイズ×美術館」ワークショップ第3弾の様子をレポートします!

開催したのは、8月の日差しの強い日でした。
それでは、ご覧ください!

 
 


八戸市美術館では、大人も子どもも共に美術を楽しんでいただけるよう、様々な取り組みをしています。
たまには休日に家族で美術館へ行くのも良いですよ♪

 (スタッフS)
 
 
▼子どもを対象としたワークショップ☆関連ページ